楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2012年07月31日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その6)

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その6)

保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


s-sutoku046.jpg
暗殺の地「柳田」・・・。

s-sutoku048.jpg
国府から、木の丸殿からもそれほど遠くない所で、都から送られて来た三木近安と云う武将に暗殺されたと記録に残っています。
身の危険を察知なされた上皇は、木の丸殿から逃げ出され、池の畔に在った大きな木のうろの中に身を隠されました。
しかし華やかな色のご衣装が池の水に映って居た為、三木近安に容易に探し当てられて切られたそうです。

その関係で白峰寺や白峰宮には「三木」と云う姓の人は立ち入り禁止になっています。お気を付け下さい。

流人の上皇を監視する役人は居ても、身辺を警護する随身(ずいしん=近衛府の官人=雛人形に武者姿の人形)が随従していなかった様です。

s-sutoku047.jpg
御覧のように、地域の方が花を手向けています。
この様に香川県人の中讃地域の人は今も上皇を慕って居るのです。

多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 10:35| 香川 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その5)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その5)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

「讃岐国府」続きです。

説明から脱線してしまいますが、九州の太宰府天満宮に祭られてる天神さん「菅原道真 公」は、九州の太宰府へ左遷される前に、この讃岐の国の国府の長官として赴任して居ました。
彼は水不足を解消する為の灌漑事業に熱心だったので、讃岐の農民達からは慕われて、今なお彼を偲ぶ行事が行われてます。
彼もまた死後に強大な怨霊となって、参議達が宮中の清涼殿で会議をしてる時に、水平落雷で参議を内臓破裂で殺したり、干ばつを起こしたり等の災いを起こしたので、帝は慌てて彼を神として祭ったそうです。

脱線ついでにもう一つ・・・出雲大社の大国主命も大和朝廷に殺された後に、大国主命が起こした災いに恐れを抱いた朝廷が、慌てて彼を神にしたのが出雲大社で、参拝者の正面は三体の大和朝廷系の神が鎮座し、肝心の大国主命はその横で参拝者から見ると、右手奥で直角方向を向かされて居ます。
要は大和朝廷は彼を神にしても、参拝されるのは大和の神にしたかったようです。
日本人特有の「祟り信仰=御霊信仰」の典型的な例です。

さて「讃岐国府」に戻って・・・。

s-sutoku042.jpg

s-sutoku043.jpg

s-sutoku044.jpg
「讃岐国府」からは「木の丸殿」がこんなに近く見えます。
崇徳上皇が「木の丸殿」へ転居させられた時点で、朝廷は彼がまた争乱を起こすと思い込んで居たようですね?

s-sutoku045.jpg
国府跡から数m北側に移動すると、この様に「木の丸殿」が近くに見えます。


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
ラベル:崇徳上皇 平清盛
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 10:46| 香川 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その4)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その4)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

「木の丸殿」続きです。

s-sutoku039.jpg

s-sutoku040.jpg
当時は丸太で出来たあばら屋らしく、決して高貴な王家の方が住まわれる様な建物では無かったようです。
ここでは、毎日写経に勤しみ、出来上がった写経を都に送り届けましたが、何の呪いが込められているか判らないと云う理由で突き返されてしまいます。
崇徳上皇はいたく落ち込まれたとの事でした。
静かに毎日を送られていた上皇の耳にホトトギスの鳴き声が・・・。
「啼けば聞く 聞けば都の 
  恋しさに この里過ぎよ 山ほととぎす」
上皇がこの歌を詠まれたのを聞いた周辺の民が、「上皇様を悲しませるホトトギス!」と思い込んでホトトギスを追い払ったり殺したりしたそうです。その為に「ホトトギス塚」もこの近くに在ります。
私も含めて、崇徳上皇は決して日本最大最強の怨霊ではなく、地元の讃岐の民達にも慕われていた方だと思って居ますし、現に坂出市の皆様は今なお上皇を尊敬しているそうです。

s-sutoku041.jpg
前回ご説明致した国府は、鼓岡の墳丘の直ぐ眼下に在りました。
要は雲井御所で司の居無い間、何をしているか判らないので、監視の目が行き届く国府の近くに引っ越しをさせられた事になります。

「讃岐国府」に続く

多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って

崇徳上皇の御陵が在る五色台の公共宿泊施設です。

香川県人なのに休暇村に家族と泊まった事が有ります。
宿泊目的はプールと夜の眺望です。

休暇村 讃岐五色台

かんぽの宿も泊まった事が有ります。
時期は冬で鴨鍋を食べに・・・・。ここも夜景が綺麗です。

白峰温泉 かんぽの宿坂出

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 10:02| 香川 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その3)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その3)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


s-sutoku037.jpg
さて、配流の生活の殆どは「木の丸殿(擬古堂)」と呼ばれる御所でした。
そしてこの場所は、崇徳上皇を監視し易い国府の役所の直ぐ近くになります。

s-sutoku036.jpg

s-sutoku035.jpg
木の丸殿は、現在の鼓岡神社で前方後円墳の後円部分に建てられていました。つまり墳丘(古墳時代の墓)の上に御所を建てた事になります。

s-sutoku038.jpg

「木の丸殿」続く

多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 10:11| 香川 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その2)

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その2)

保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

s-sutoku024.jpg
雲井御所
「ここもまた あらぬ雲井と
  なりにけり 空行く月の 影にまかせて」

s-sutoku014.jpg
綾川を挟んでその両岸のどちらかで、二年半ほど住まわれて居たと伝えられています。


s-sutoku025.jpg

s-sutoku026.jpg
本来の雲井御所は、讃岐国府(現在の香川県庁)の司(現在の県知事)の住まい(官舎)だったそうで、上皇は住みづらかったと思います。


s-sutoku027.jpg
もう一つは「長命寺」と呼ばれるお寺が雲井御所だったとも考えられています。
こちらでしたら、司に流罪人として気を使うことなく、或る程度ノンビリと暮らせると思います。
実際にここでは地域の武士達を御所に招いて、弓に興じていたと記録に残っています。
と、云う事は・・・都ではまた争乱を起こそうとするのでは?と勘ぐられていたのでは?


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。もっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 11:36| 香川 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その1)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その1)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


s-sutoku001.jpg
「松山津;まつやまのつ」です。

s-sutoku013.jpg
五色台と云う山の西側にある小さな山の麓に、その松山津が在ります。
保元元年(1156年)7月に、讃岐の地に流された崇徳上皇は松山津に上陸しました。
その地点と思われる所には、石碑が建っています。
「浜ちどり 跡はみやこへ 
  かよへども 身は松山に 音(ね)をのみぞなく」

s-sutoku003.jpg

s-sutoku004.jpg

s-sutoku005.jpg
現在の海岸線からはだいぶ陸地奥になっていますが、当時はこの辺りが海だったと考えられています。
その証拠に、平清盛から直ぐ後の世に起きた「屋嶋 壇ノ浦の戦い(関門海峡の壇ノ浦海戦のちょっと前)」では、現在は陸地になっている屋嶋はその名前の通り島でした。
私の小説「浦島太郎って誰?」にも書いていますが、「縄文海進」縄文時代に海が現在より3mから5m近く海水面が高くなり、陸地が海に迫られていた時代が有ります。
その後の弥生時代には「弥生小海退」と云って、逆に海岸が後退し陸地が広がっていた時期もあります。
この様に時代と共に、海岸線は海側に後退したり、陸地側に進んだりして、現在の海岸線になって居ます。
地球温暖化が進めば「海進」、逆に地球冷却化になれば「海退」の自然現象が起きる事になります。


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。もっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 07:41| 香川 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇ゆかりの地を巡って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

帝国との戦争に勝利して・・・

帝国との戦争に勝利して・・・

 こんにちは、ジャッキーです。

 永らく続いた戦争も帝国軍の全面降伏によって集結致しました。

 帝国軍兵士(お父さん)のパソコンが3台、そして一般民衆(お母さん)のパソコン3台までも戦禍に依って破壊され、帝国は制御不能に陥って壊滅状態になりました。
 帝国軍兵士は、パソコンを復旧する為に色んな方法で頑張ってましたが、どうしようも無かったようです。
 毎日、何台ものパソコンを修理したり設定をしていましたが、全て無駄に終わったようです。
 仕方なく他のパソコンにインストールや設定や環境を整えて、これまでの業務を行える様にしていました。
 戦闘不能の状態が続いたので、それで帝国は共和国に対して無条件降伏を受諾したのです。

 現在、かの諸悪の根元「帝国軍兵士」は「しーずー俘虜収容所」に収容されてます。

s-201207161.jpg
俘虜収容所の所長になった僕

 実に僕ジャッキー将軍は、この俘虜収容所の所長として赴任してるのです。
 普通はその収容所の規模によって、佐官クラスの大佐か中佐が所長に就任するのですが、相手が劣悪な帝国軍兵士なので、将軍である僕が所長として赴任する事にしました。

 第一次世界大戦の後、中国の青島で捕虜となったドイツ兵約4700名の殆どが日本へ移送され、その内の約1000名が徳島県の徳島県鳴門市大麻町桧(旧板野郡板東町)に建設された板東俘虜収容所に収容されることになりました。
 この板東俘虜収容所は2006年制作の映画「バルトの楽園」で描かれてますが、ここの所長松江豊寿陸軍中佐(着任後大佐に昇進)が捕虜を人道的に扱ったので、彼は世界的に有名になりました。
 そしてこの板東俘虜収容所が、日本だけでなくアジア圏で最初のベートベン作曲「第九交響曲」の初演地であります。

 僕が住んでいる丸亀には、この板東俘虜収容所へ移送される前まで多くのドイツ兵俘虜が丸亀俘虜収容所(本願寺塩屋別院)で過ごしていました。
 サッカーの「なでしこジャパン」発祥の地が、丸亀高等女学校(現:香川県立丸亀高等学校)と日本サッカー協会も認めましたが、女学生にサッカーを教えて呉れたのが、彼らドイツ兵捕虜達です。
 丸亀でも鳴門でもドイツ兵達は、私達に音楽や芸術、パンの焼き方、印刷技術、土木技術等々多くの先進的な事柄を教えて呉れて居ます。
 それも松江豊寿陸軍大佐に依って人道的な自由な生活を認められてたからです。

 僕も邪悪な帝国軍兵士を人道的に処遇して、きっと世界的に有名な俘虜収容所の所長になってみせます!!
 
 毎日、元の帝国軍兵士を監視しながら、出来るだけ自由に過ごせるように僕は心を配ってます。
 暑くなってますが、冷房もして快適に帝国軍兵士は過ごせてます。

s-201207162.jpg
俘虜を監視している僕

 大戦の時よりもっよ忙しくなったジャッキー将軍です。
 
代筆者:お父さん

P.S.
上記の写真入りの記事は下記のホームページでご覧下さい。
四国風物史のご案内
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 16:45| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金丸座で板東玉三郎さん特別公演

シーズー犬ジャッキーの讃岐のニュース

シーズー犬ジャッキーが、讃岐のニュースをお知らせ致します。

板東玉三郎さんの特別公演が日本最古の旧金比羅大芝居(金丸座)で行われます。

公演日程:
2012年11月1日〜11日
午後3時開演
観覧料;
A席1万8千円
B席1万3千円

公演題目;
第一部 「雪」、「鐘ヶ岬」
    (上方地唄舞二題)
第二部 「いぶき」(初演)
    鼓童との競演で太鼓の演奏に合わせて玉三郎さんが舞い踊ります。

販売窓口;2012年7月30日午前10時より販売開始
全国のJTB窓口(087−851ー3055)
JR四国    (087−825−1662)

これを機会に四国・讃岐の国においでまぁ〜せ!
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 12:18| 香川 ☁| Comment(0) | シーズー犬ジャッキーの讃岐のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

楽天市場でペット用品の何が売れているか?

楽天市場でペット用品の何が売れているか?

ランキング市場で「ペット・ペットグッズ」のランキングページが在りますね?
見ていると飼い主の方々のペットへの愛情が伝わってくる様に感じます。

「ペット・ペットグッズ」のトップページの7月5日(木)更新 (集計日:7月4日)一位から5位までのランキングを記載致します。
なおこの「ペット・ペットグッズ」ランキング表示は下記のページから記載させて戴いて居ります。
楽天市場の「ペット・ペットグッズ」ランキング
勿論医薬品やドッグフード、ウェアなどのランキングページも在ります。


ペット・ペットグッズ第一位

Pet館特別価格♪【送料無料・あす楽対応】1回使い捨て ペットシーツ 【レギュラー800枚入/1枚...


ペット・ペットグッズ第二位

【あす楽・送料無料】 うす型ペットシーツ ワイド 1枚なんと! 9.0円! 400枚(100枚入×4個入...


ペット・ペットグッズ第三位

〔あす楽対応・送料無料〕超激安!レギュラー1枚あたり夢の¥4.5!うす型ペットシーツ・トイレ...


ペット・ペットグッズ第四位

【送料無料】ロイヤルカナン犬用 PHコントロール 8kg【食事療法食】


ペット・ペットグッズ第五位

メール便なら送料無料★【最安値に挑戦中!】【医薬品 犬用】フロントラインプラス ドッグ S [1...


なお楽天市場の総合ランキングや各ジャンルのランキングをご覧になるには下記のリンクにお越し下さい。
楽天市場ランキング市場
ラベル:ペット用品
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 14:49| 香川 ☔| Comment(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

金比羅さんの「七夕鞠」が今週の7月7日に奉納されます

金比羅さんの「七夕鞠」が今週の7月7日に奉納されます

金刀比羅宮(ことひらぐう=元は金比羅さん)の七夕奉納蹴鞠
月日:7月7日[土]
時間:午前10時〜正午
場所:表書院

去年、金比羅さんの七夕蹴鞠を見に行ったときに作成したページが御座います。
宜しければ下記のリンクよりお越し下さい。
金比羅さん(金刀比羅宮)とその奥の院 
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 14:29| 香川 ☁| Comment(0) | シーズー犬ジャッキーの讃岐のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

大好きなお兄さん!

大好きなお兄さん!

 こんにちは、ジャッキーです。

s-201206281.jpg
お兄さんが帰って来る?と思った僕

 今月は真ん中頃に僕の日記を更新するのではなく、ちょっと遅くなりましたが、今日更新させて戴きます。

 先週の金曜日の夜遅く・・・良い子の僕は就寝中・・・大好きな一番上のお兄さんが帰って来て呉れました。
 研究論文作成で忙しいのに、僕の顔を見る為に帰って来てくれたそうです!

s-201206261.jpg
研究案件の食味学を考察している僕

 僕はお兄さんに起こされましたが、ちょっと寝ぼけて・・・どうしてお兄さんが居るの?・・・ってドギマギしてしまいました。
 でも、ちゃんと目が覚めると「お土産請求犬」としての職務をシッカリと果たします。

 今回のお土産はチーズブロックでした。
 一口大の大きさのチーズが沢山袋に入っています。
 ですから、モグモグと食べながら袋を見ては・・・まだ有る!ヨシ!もっと貰おう!・・・と僕は何回も請求します。

 昨日は「月曜カタル」になって下痢をしてしまいました。
 この「月曜カタル」は、旧海軍の江田島に在った「海軍兵学校」の生徒が、日曜日に外出して倶楽部でご馳走(この場合はすき焼きが殆ど)を食べ過ぎて、月曜日には急性胃腸カタルが続出していたそうです。
 僕も、一度に沢山のチーズを食べ過ぎて、「月曜カタル」になってしまったようです。

 栄養士のお母さんは僕が「月曜カタル」になってしまうと心配して食べるのを止めさせようとしましたが、嬉しくて舞い上がっている僕は聞く耳を持っていませんでした。
 やはり専門家の言う事を聞くべきでしたね?

 土曜日の晩は、父の日にお兄さんがお父さんに贈って呉れていた芋焼酎「甕雫 玄(かめしずく げん)」の封を切って、お兄さんとお父さんの飲み会が始まりました。
 僕はお酒が嫌いなので、お肉ばかりを貰って話に加わりませんでした。
 二人は研究の事で盛り上がり、瓶(甕)に入っている一升の焼酎の半分くらい一気に飲んでしまいます。

 でも、お父さんはやっと研究の話が出来る相手が戻ってきたので、本当に嬉しそうでした。
 今回の二人は「原子吸光」の話で盛り上がっています。
 お兄さんとお父さんはそれぞれ専門分野が違いますが、研究範囲がどういう訳かバッティングするときがあります。
 実に二人の研究中の案件が、この「原子吸光」で、僕を含めて家族全員が二人の話を理解出来ませんでした。
 日曜日も夕方から飲み始め、ずっと研究の事ばかり話をするので、僕も食味学研究について話に加わりました。
 先月に帰って来た時の、天橋立のお土産「竹中缶詰のオイルサーディン」が美味しかったと、僕は何回も言ったのに二人には無視されてしまいます。
 

 送料無料・メール便・オイルサーディン・竹中缶詰 天橋立 オイルサーディン・竹中缶詰・いわ...

 二日間もお酒を飲み続けたお父さんは・・・・ダウン・・・。
 僕と一緒に月曜日は仲良くダウンしていたのでした。

s-201206171.jpg
朝ご飯はお母さんのパンに限ると思う僕

s-201206271.jpg
寝て食べるのが好きになった僕

代筆者:お父さん
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 18:00| 香川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。