楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2009年03月21日

纒向遺跡で卑弥呼時代の建物群が発見される!

 纒向遺跡(奈良県桜井市)は東西約2キロ、南北約1.5キロで、邪馬台国が在った場所では無いかと考えられている遺跡です。今回、発掘調査された建物群は、3世紀前半の建物群と考えられ、卑弥呼と同時代の建物と思われます。この建物群は、宮殿の様に管理状態が良かったと推測されています。このことから、卑弥呼の宮殿だった可能性が浮上してくるのです。ただ私としては、仮にこの建物群の建設が倭国大乱の前後とすれば、環濠が検出されていないのが、気に掛かるところで、どのようにして、この卑弥呼の宮殿らしき区域を守っていたかが気になっています。同時期は環濠集落でその村の様な国を守っている例が多く、その防御性を高めるために西日本、特に瀬戸内海沿岸に高地性環濠集落が多く作られました。
 実は、この時期の時代をテーマにした小説を、二冊書き上げております。一冊は紙での出版で、現在、某出版社と調整中で、もう一冊は既に電子出版を致しております。電子出版をしている本は、ここ香川の西部に在る三豊市の荘内半島と、高松市の源平合戦で有名な屋島をその舞台としています。時代は弥生時代中期後半です。
 「浦島太郎って誰? 上」がその本で、でじたる書房さんで発売中です。以下のアドレスにお越し下さい。
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/10580
 今回の様に、考古学の新たな発見を耳にする時、血が逆流する様な興奮を覚えています。本当は、私も発掘に携わって考古学研究の成果をあげたいと思いますが、今はそれも叶いません。
 今回のこのブログ記事は、ジャッキーの事が記入されて居ませんので、考古学に興味のない方には申し訳なく思っております。



電子書籍出版社のでじたる書房さんのお世話で、下記の書籍を電子ブックで販売致しております。リンクを辿って下さったら、私の著作のページにジャンプ出来ます。お待ち致しております。リンク先で本の説明を致しております。
電子書籍・電子出版エージェントのでじたる書房


僕たちを判って! リンク:   浦島太郎って誰? 上  リンク:

僕たちを判って!         浦島太郎って誰? 上

hyoushi bokutachi.jpgurashima-hyoushi.jpg















ラベル:考古学 小説 遺跡
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 06:55| 香川 ☀| Comment(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。