楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2012年10月25日

放射能事故 拡散予測図・・・

放射能事故 拡散予測図・・・

今朝のテレビや新聞などでも大きく報道されていたのが「放射能事故 拡散予測図」です。

ご丁寧にその予測図まで公開しています。

工学関係の研究者や技術者は、以前からこのような事故を想定した汚染予測を行っています。
私も今から四十年も前に、そのような汚染予測の計算に携わってきた経験があります。

さて少し専門的な事を書きますが、この予測は「大気拡散式のサットン式」を改良して計算しているケースが多いと思います。


私が計算していた頃の式は下記の式です。

最大着地濃度:
Cmax = Cz / Cy Cy = 0.234 × q × 106 Cz = u × He2

q:汚染質排出量(m3/S) 
u:平均風速(m/S) 
He:補正拡散高さ(m)

最大着地濃度距離:
Xm = He/Cz2/2n

n:拡散パラメーター


これは汚染物質が、一定の条件下で施設から吹き上げられた高度から拡散を始めたとの設定条件で計算します。
Heは(汚染物質の吹き上げ速度+汚染物質の温度による上昇速度)から実際の拡散高度を計算で出し、その地点の風向と風速でどの方向に拡散を始めるかをデータ化するわけです。

私がこの計算を行っていた頃は、いわゆる電算機(電子計算機)と呼ばれる第二世代の電子計算機でした。(歳がばれてしまいましたね!)
判りやすく云うと、初代のファミコン程度の計算能力しか無かった時代の電算機でした。

上記の計算は一次元(点と線)でしか計算出来ません。

今回公表された汚染予測図は二次元のデータになります。
原子力規制庁の説明に依ると「これは標準的な風速で地形の変化などを計算に入れていないデータです。」と言っていました。

私が計算していたのも同様なデータで、高低差のまったく無い平坦な地表に汚染物質が或る高度まで吹き上がり、そしてその高度から拡散したと想定した計算データです。

現在のスーパーコンピューターを使えば、地形の変化に伴う風向や風速の変化まで計算のファクター(要素)に加えられます。
ですからより正確な予測図が出来上がる筈です。

ここで話がずれますが・・・ホットスポット(高濃度地点)は、汚染物質の発生源から同心円状に分布するわけではありません。
遥か遠くにホットスポットが出現しますし、発生源近くでも低濃度の汚染が出現する事もあります。
一概に半径何十キロでくくれる汚染状況ではなく、上記のような多様なファクターに影響されてマダラ状に汚染地域が広がる訳です。


今回の報道を見たり読んだりしていて感じたのが、記者もアナウンサーも自分が書いたり読んだりしていることを完全に理解して報道しているのか?と云う疑問でした。
このような時は専門家に書いて貰うか、出演して貰うべきだと思います。
判らない人間が勝手に報道するのは、余計に民心を惑わすだけのように思います。
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 12:17| 香川 ☀| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。