楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2013年07月28日

Israel : Viaje a lo desconocido - Memorias del Mar Muerto 2

Israel : Viaje a lo desconocido - Memorias del Mar Muerto 2

説明追加:
世界遺産「Masada」の説明の事ばかり気を取られて前半の解説を全然していませんでしたね?

前半は旧約聖書の創世記に出てくる「ソドムとゴモラ」の町の話です。
映像の中に、原爆が爆発した映像が入っていますが、これは聖書の中に書かれている「神は天からの硫黄と火に依って滅ぼすであろう。」の状況を説明するために入れた映像で、決してイスラエルが核実験をしていると云う映像ではありません。(誤解なさった方がいらっしゃるかも知れませんので・・・)

考古学的に観ると、この聖書の話は面白い物が在ります。
実は実在した都市国家と考える事が出来そうです。
ソドム→ 前期青銅器時代の都市遺跡バブ・エ・ドゥラー
ゴモラ→ 上記の直ぐ近くの都市遺跡ヌメイラ

では、天から硫黄と火が降ってきたのでしょうか?
天文学から、上記の都市が栄えていた紀元前3123年6月29日に小惑星が大気圏中で爆発し、地中海全域にこの破片が降り注いで居たのが確認できています。
また古気象学から、紀元前3100年頃に急激な気温の低下が起きた事も判っています。

上記とは関係有りませんが、ロトと呼ばれる家族がソドムから事前に逃げ出したのですが、その時に振り返ってはならないと云う啓示を受けていながら、ロトの妻が後ろを振り返って「塩の柱」になってしまいます。
この死海沿岸はご存知の様に塩の産地で、映像でも映っていましたね?
その様な事から、上記のロトの妻の話が出来上がったのだと思っています。
ラベル:世界遺産
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 15:13| 香川 ☁| Comment(0) | 考古学・民俗学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。