楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2013年10月18日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)008

CMOSイメージセンサの活用

さて「(研究者の呟き)006」でも書きましたが、某メーカーの「炎センサ」は紫外線センサです。

炎を検出するのに赤外線でなくて紫外線?と感じられたと・・・。
実は物質が燃焼する時は、可視光以外に眼に見えない赤外線(熱線)と紫外線が発生しています。
物質中の原子や分子の中で、燃焼(酸化反応)などの外部エネルギーに依って、原子核の周りを飛んでいる電子が外側の軌道に移動(励起)され、また元の軌道(基底)か低い軌道(遷移)へ移る時に電磁波(光など)が発生します。

犬などが紫外線や赤外線も見えるので、我々より早く異常を察知出来るのかも知れませんね?
CMOSイメージセンサの活用で、私たちも早く異常に気が付くようになるかも?

続く
ラベル:呟き
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 06:50| 香川 ☁| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。