楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2014年01月29日

サブマリン707R

サブマリン707R

昨日ご案内致しました「サブマリン707」の続編です。

大昔のマンガ本だった頃のエピソードで気になっていることを少しだけ・・・。

この作品でも登場する三少年《水早賢次(みなはや けんじ)=ジュニア1号の艇長、日下五郎(くさか ごろう)=ジュニア2号の艇長、海野千太(うんの せんた)=烹炊員(ほうすいいん=炊事係)》が織り成す物語に同じ年代だった頃の私は同感する事が多かったです。

確か日下五郎が事故で右手だったと思いますが切断され、義手を装着するのですが、その義手がロボット義手で漫画では整備員が油差しを取ってと云われて、彼が油差しを手にするとクシャと簡単に握り潰してしまうシーンがあります。
現在でこそロボット工学が進歩して、感圧センサで握力を調整して対象を破壊する事がありません。
しかし、あの当時にその様な事を描いて居たので、私はその様な義手が出来ればとずっと思っていました。
私が居た研究所でもロボットの研究が行なわれていましたが、私は無理やりに参加して子供の頃の夢の実現を目指した事もあります。
しかし上からの指示で、大地震や大津波からの被害軽減研究に就く様に云われて、敢無く研究から離れてしまったのが残念に思っています。

それから海野千太が揚げる「魚雷型コロッケ」・・・それを甲板で三人が食べながら歌う「コロッケの歌」その歌がどの様なメロディなのかとても気になっていたのを懐かしく思い出しました。

それでは続編をご覧下さい。

Submarine 707R part 2


漫画;
サブマリン707レジェンドBOX(潜航編)4冊

価格:7,140円(税込、送料込)
【送料無料】サブマリン707レジェンドBOX(潜航編) [ 小沢さとる ]


DVD;
サブマリン707R/MISSION:01
価格:5,670円(税込、送料込)
【送料無料】サブマリン707R/MISSION:01

サブマリン707R/MISSION:02
価格:5,670円(税込、送料込)
【送料無料】サブマリン707R/MISSION:02

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 13:18| 香川 ☔| Comment(0) | 懐かしき映画へのお誘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。