楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2014年01月27日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)014

犬の視覚・聴覚は優秀なセンサ?

お早う御座います。
考えてみると、このシリーズのタイトル「こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)」は、もしかして私の記事全部が該当しているのかと思い始めました。
ネウマ譜(四線譜)の事や、インカ文明やバリ島のガムラン音楽などの民俗音楽、一般受けしない音楽ばかりご案内致したり・・・NASAなどの天文・宇宙関連の研究話題など面白くも無いのでしょうね?きっと・・・。
先日の事ですが嫁はんからも、私が云う事は「判らない事ばかり!少しは判る話題を!」って言われてしまいます。
しかし、嫁はんにも反論した事ですが、「研究所に勤務した居た頃は、この話題が日常だったし、学会へ行けば博士や教授と話す内容と云えば、この様な事しかないだろう?」と・・・。
夫婦共通の話題が無いと云うのは・・・或る意味で不幸かも?それから云うと長男(物理学博士)と彼女(大学院生;物理専攻)は、共通の話題が有るので幸せなのだろうなと羨ましく感じています。
だからかも知れませんが、私の書いた長編小説では、亀山築城(私がモデル)と楊賢京(学生時代の韓国の友人がモデル)の二人が、考古学の共通話題で好きになり結婚するストーリーにしたのかも・・・と思っています。

さて、私が研究所で行なっていた研究について;
信頼性工学の研究から、機器などの保全を目的に、不具合をいかに早く発見するか・・・その為にいろんなセンサー技術を駆使して早期発見する方法を研究していました。

注目していたのは「紫外線」と「超音波」です。
電気機器などの初期的な劣化は、「紫外線」や「超音波」などを発生する事が多く、それを検出することに依って機器保全が可能では無いかと考えました。

もちろん、それ以外の要素も有りますが、私が研究していた対象機器の場合は「紫外線」や「超音波」などが発生する状態になっていました。
それで機器の運転状態監視をする為には、データの信頼性を保ちながら安価なセンサーが必要になります。

その様な実験をしていると、犬って優秀なセンサーを持っているなぁと感心する事が多かったと思います。

最初に要らない事を書き込んでしまいましたが、それとは別に、時々にしか更新しない内容が判り難いと思います。

下記の私の楽天ブログのカテゴリーで、このシリーズを纏めて読む事が出来ます。
宜しければお越し下さい。
↓↓↓↓↓
こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 10:49| 香川 ☀| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)013

天体観測に使われている分光分析など

外が余りにも寒いのと、全天が雲に覆われたので、暖を取りに家に戻っています。

先ず下記の二つの動画を。

「Hubble's Universe Unfiltered」

The Horsehead Nebula
馬頭星雲の可視光と赤外線で撮影した画像です。


Horse of a Different Color
上記の説明ビデオは、ハッブル宇宙望遠鏡で馬頭星雲を赤外線画像で観測した時のお話です。


ここ毎日の様に分光分析やスペクトル解析で、天体観測をしているお話の動画ばかりをご案内致しておりますね?
この様に可視光だけでは判らない事も、分光したり、その光などをスペクトル解析する事で、色々な事が判ります。

私はこの様な解析技術を使って研究をしていましたが、民生用にもっと安価で判り易い機器の開発が出来ないかと考えています。

以前、テレビの赤外線リモコンを携帯のカメラでご覧になられるように申し上げましたが、白く明るい光が携帯のカメラに見えたと思います。
犬などの視覚は赤外線なども観えますので、我々とは全然違った世界を観ている事になります。

犬などが危険を予知出来るのは、可視光以外の赤外線や、我々が聴けない超音波や超低音まで聴けるので、我々では判らない異常などにも、早く察知出来ているのではないかと考えています。

そこで、最初の頃に申し上げた機器の研究開発を始めていたわけです。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 22:18| 香川 ☀| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)012

スペクトル解析

研究内容を直接書けないのにジレンマが生じますが・・・。

研究所勤務時代に行なっていた研究は、天体観測で云えば下記のような感じの研究です。

NASA | Alien Atmospheres(地球外生命体の雰囲気が)

地球から63光年離れた「HD 189733恒星系」の惑星に「水の惑星 1214B」が存在しています。

可視光観測だけでは解明出来ない惑星の環境も、スペクトル解析に依ってその大気構成や惑星表面に存在する物質が判明します。

この様な解析を地球上での物理的事象解析実験に応用しているのが私の研究でした。
勿論、可視光だけでなく光と同じ電磁波(電波ーテラヘルツ波ー赤外線ー可視光ー紫外線ーX線ーγ線)などを駆使していました。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 09:59| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)011

センサーについて

ここ数日宇宙関連の話題ばかりを投稿致しておりますが、先日申し上げました「MAVEN(火星探査衛星)」もそうですが、あらゆるセンサーを搭載しています。

火星の大気などの組成を探査するのにセンサーが必要ですが、電磁波センサー・紫外線センサー・放射線センサーなどを駆使することに依って、見えない物が見えてきます。

同様に、宇宙だけでなく地上でもセンシング技術が、物質などの解析に駆使されています。

今、話題の「テラヘルツ波(光と電波の間の電磁波)」は、その特徴から解析用に使用出来ると研究が進んでいます。
私も学会へ参加して、有効的な利用技術を考察していました。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 17:57| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)010

センシング技術

さて先程の内容は、大学理系の理学部物理学科か工学部光学科もしくは電子科で履修してご理解下さい。

研究所勤務時代、私は普通の会社の課の様な呼び方だと(研究所では○○研究グループと呼びます)、「計測制御グループ」に属していました。
所謂、センシング技術に関する研究グループですが、私は信頼性工学分野の研究を行っていました。

その時に電磁波や音波などの異常から設備機器の異常を早期に発見出来るのでは無いかと研究をしていました。

それがこの記事のシリーズの基本的な内容です。

紫外線や赤外線など、また超音波や超低周波音が発生している時は、機器に初期的な故障が生じている事が多くあります。

犬の危険予知能力と関連を繋ぎながら、そのような事の話を進めていきたいと思っています。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 07:56| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな事を書いても誰も読んで貰えないと・・・(研究者の呟き)009

発光メカニズムをもう少し

量子力学的な説明が必要なのかも?

基底状態は本来は絶対零度の波動関数を指しますが、固体物理学で云う有限温度下で素励起が無く熱平衡状態をもって基底状態(最低のエネルギー状態)と云います。

さて、励起状態とは、上記の基底状態以外の状態を励起状態(高エネルギー状態)と呼び、光、熱、電場、磁場そして電子や陽子、中性子、分子、イオンなどの入射や衝突でも引き起こされます。

その励起状態から基底状態に戻る時に、原子の電子軌道が低い軌道に移り(遷移)、そのときに電磁波(光も含む)が発生するのです。

こうして光などが発生しています。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 07:26| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

今日は

今日は

あの阪神大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り居たすと共に、ご遺族の皆様の心の痛みを分かち合いたいと心掛けて居ます。

あの日の5時46分の数分前に目が覚めるので、「どうして?」と不思議に思って居たら、急に大きな揺れが!
「近い!」
と慌てて起き上がりテレビを点けました。
その後の事は皆様も良くご存知の事です。

それからの報道に心を痛めて、私は仲間達に声を掛けて何か出来ないかと話し合いました。

讃岐人なので、讃岐うどんだったら自分達でも炊き出しが出来る。
直ぐに準備を始めましたが、素人ばかりなのではかどりませんでした。

それでも震災の一週間後には、マイクロバスとトラックに分乗した我々が、神戸の住吉小学校の運動場へ入って居ました。

肉うどんの炊き出しに、暖かい食事が嬉しいと言う言葉がまだ耳に。
一週間交代でメンバーを代えて、炊き出した讃岐うどん・・・。
一週間の毎日が肉うどんばかりで、今となっては申し訳なかったと思っています。
そして同じボランティアで来られてたグループの皆さんが、私達が讃岐うどんの炊き出しをすると知り、かけうどんを提供する予定を急遽変更して「うどん焼き」にされていました。これは本当に同じボランティアとして心苦しく思いました。

今朝、テレビで神戸と淡路の映像を観て居ると、震災の一週間後に入った神戸の街の光景が目に浮かび涙が止まりません。

六甲トンネルから神戸市内に入った私達は、バスが坂道を降りて居る間は被害の程度が少なく見えて安堵して居ました。

しかし、バスが水平になる頃から、誰一人声が出なくなってしまいます。

家々が道の両側から倒れて、広い道が車一台がやっと通れる程です。

地下鉄の路線に沿って陥没した道路。
横倒しになったビル。
屋根だけ形が残っている神社(神戸の方はこの神社の名前が判りますね?)
一階部分が潰れて低くなっている校舎。
跡形もなく倒壊してしまった在来工法の民家。
そしてその荒野にポツリポツリと残ってるツーバーフォー工法や軽量鉄骨工法、パネル工法の民家・・・。

東日本大震災の被害も同様に、被害を少しでも軽減出来なかったかと、その分野(信頼性工学)の研究に携わった者として、力不足を感じて居ます。

大震災の後に考案した案件が何一つ実現して居ません。
もしもその内のどれかが完成し、供用されていたら東日本大震災の被害を少しでも減らせていたかもと思うと残念です。
ラベル:阪神大震災
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 08:28| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

教会暦に関する説明を

教会暦に関する説明を

暦と天体情報の記事の中で「教会暦」を記載させて頂いています。

カトリック教会は西方教会と呼ばれ、またローマ教会とも呼ばれています。
西方教会に対して、東方教会と呼ばれる教会として「ギリシャ正教などの正教」があります。

ローマ教会(カトリック教会)の典礼暦が「教会暦」で、ラテン語では「Karendarium Romanun カレンダリウム・ロマヌム」と表記して「ローマ暦」と読みます。


s-karedarium1.jpg
写真は私が使用しているラテン語で書かれた「Liber Usualis Missae et Officii リベール・ウズアリウス・ミサ・エト・オフィッシ」と云う教会のミサ典礼書です。
カトリック教会では全世界共通の正式(盛式)の典礼書になります。
写真に「Karendarium Romanun カレンダリウム・ロマヌム=ローマ暦」と一番上に印刷されていますね?
その下の単語は?
英語の一月の原語で「January→Januarius=ジャヌアリウス」です。


 一月 Januarius
 二月 Februarius
 三月 Martius
 四月 Aprilis
 五月 Maius
 六月 Junius
 七月 Julius
 八月 Augustus
 九月 Septenber
十 月 October
十一月 November
十二月 December


s-karedarium2.jpg
教会暦はこのような大昔から続く典礼の積み重ねから、現在の形になっています。
一方的に「教会暦」を記載致すのも何かと思いまして、その源泉となる書物をご案内致しました。
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 07:35| 香川 ☀| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

放射能事故 拡散予測図・・・

放射能事故 拡散予測図・・・

今朝のテレビや新聞などでも大きく報道されていたのが「放射能事故 拡散予測図」です。

ご丁寧にその予測図まで公開しています。

工学関係の研究者や技術者は、以前からこのような事故を想定した汚染予測を行っています。
私も今から四十年も前に、そのような汚染予測の計算に携わってきた経験があります。

さて少し専門的な事を書きますが、この予測は「大気拡散式のサットン式」を改良して計算しているケースが多いと思います。


私が計算していた頃の式は下記の式です。

最大着地濃度:
Cmax = Cz / Cy Cy = 0.234 × q × 106 Cz = u × He2

q:汚染質排出量(m3/S) 
u:平均風速(m/S) 
He:補正拡散高さ(m)

最大着地濃度距離:
Xm = He/Cz2/2n

n:拡散パラメーター


これは汚染物質が、一定の条件下で施設から吹き上げられた高度から拡散を始めたとの設定条件で計算します。
Heは(汚染物質の吹き上げ速度+汚染物質の温度による上昇速度)から実際の拡散高度を計算で出し、その地点の風向と風速でどの方向に拡散を始めるかをデータ化するわけです。

私がこの計算を行っていた頃は、いわゆる電算機(電子計算機)と呼ばれる第二世代の電子計算機でした。(歳がばれてしまいましたね!)
判りやすく云うと、初代のファミコン程度の計算能力しか無かった時代の電算機でした。

上記の計算は一次元(点と線)でしか計算出来ません。

今回公表された汚染予測図は二次元のデータになります。
原子力規制庁の説明に依ると「これは標準的な風速で地形の変化などを計算に入れていないデータです。」と言っていました。

私が計算していたのも同様なデータで、高低差のまったく無い平坦な地表に汚染物質が或る高度まで吹き上がり、そしてその高度から拡散したと想定した計算データです。

現在のスーパーコンピューターを使えば、地形の変化に伴う風向や風速の変化まで計算のファクター(要素)に加えられます。
ですからより正確な予測図が出来上がる筈です。

ここで話がずれますが・・・ホットスポット(高濃度地点)は、汚染物質の発生源から同心円状に分布するわけではありません。
遥か遠くにホットスポットが出現しますし、発生源近くでも低濃度の汚染が出現する事もあります。
一概に半径何十キロでくくれる汚染状況ではなく、上記のような多様なファクターに影響されてマダラ状に汚染地域が広がる訳です。


今回の報道を見たり読んだりしていて感じたのが、記者もアナウンサーも自分が書いたり読んだりしていることを完全に理解して報道しているのか?と云う疑問でした。
このような時は専門家に書いて貰うか、出演して貰うべきだと思います。
判らない人間が勝手に報道するのは、余計に民心を惑わすだけのように思います。
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 12:17| 香川 ☀| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

ネウマ譜の楽譜を沢山載せて見ました。「我等の主イエズス・キリストの御降誕の日中の第三ミサ」

我等の主イエズス・キリストの御降誕の日中の第三ミサ

本当は去年ご案内した深夜の第一ミサとこの第三ミサの間にあげられる第二ミサを検索していました。
しかし、探し当てられずに仕方なくこの第三ミサをご紹介致します。


In Nativitate Domini Nostri Jesu   
の ご降誕   主の  我等の イエズス 
Chrisiti ad Primam Missam in Nocte.
キリスト の 第一  ミサ  の 深夜
我等の主イエズス・キリストの御降誕の深夜の第一ミサ。

第一ミサは、大昔はクリスマスイヴの深夜0時から執り行われていました。
盛式ミサなので、通常のごミサと違って二時間を越えることがよくあります。

第一ミサの後、信徒会館でお茶などを頂きながら、そのまま第二ミサを待ちます。


第二ミサは;
In Nativitate Domini Nostri Jesu   Chrisiti 
の ご降誕   主の 我等の  イエズス キリスト 
ad Secundam Missam in Aurora.
の 第二   ミサ  の 曙(夜明け前)
我等の主イエズス・キリストの御降誕の夜明け前の第二ミサ。

と言って、クリスマスの太陽が昇る前から始まります。
Auroraは「曙」とか「夜明け前の光」と云う意味で、極地で見られる「オーロラ」の語源です。


In Nativitate Domini Nostri Jesu   Chrisiti 
の ご降誕   主の  我等の イエズス キリスト 
ad Tertiam Missam in  Die.
の 第三   ミサ  の  日中
我等の主イエズス・キリストの御降誕の日中の第三ミサ。


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
s-Nativitate3intoro.jpg
Introitus
入祭唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Kyrie
キリエ(第八 キリエ 主よ哀れみたまえ)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Gloria
グロリア(第八 グロリア 天のいと高きところに栄光)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Oratio et Lectio
祈願;
Oratio. Concede,quaesumus omnipotens Deus:・・・
第二朗読;
Lectio Epistolae beati Pauli Apostoli ad Hebraeos.・・・
使徒パウロに依るヘブライ人への手紙


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Graduale
昇階唱
(説教台へ上っていませんが、本来はその階段を上る時に歌われる聖歌です)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Alleluia
アレルヤ唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Evangelium
聖福音書の朗読


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Credo
信仰宣言(第三 クレド)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Offertorium
奉献唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Praefatio
聖変化の秘跡への祈願


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Sanctus
聖なるかな(第八 サンクトス)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Canon
聖変化の秘蹟(種無しパンと葡萄酒がキリストの体と御血に変化する秘跡)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Pater Noster
主の祈り


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Agnus Dei
神の子羊(第八 アグヌス・ディ)


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Communio
聖体拝領唱


In Nativitate Domini Ad tertiam Missam in Die
Postcommunio
聖体拝領後の祈りと閉祭唱、退堂


これらのミサ典礼は、古い形式のミサ典礼で「背面ミサ」と呼ばれています。
司祭が会衆席に背を向けて、祭壇でミサ聖祭を執り行う形式です。
現在は「対面ミサ」と呼ばれて、祭壇が聖所中央に移動し、祭壇に向かう司祭が会衆席に向かう形になっています。
古い形式のミサも、司祭が先頭に立って会衆を導いているように思えるので良いと思います。
勿論、現在の対面ミサは一つの食卓(祭壇)を司祭と会衆が囲む、晩餐を連想させるので、この形式も素晴らしいと感じています。

今回は私の「LIBER USUALIS」が、ネウマ譜掲載の為に大活躍でした。

最後に;

Canto Ambrosiano
In Nativitate Domini
GAUDE ET LAETARE
GAUDE ET LAETARE
グレゴリオ聖歌とは違って、アンブロシオ聖歌の典礼聖歌は全然違った雰囲気ですね?
皆様は如何思われますか?
イタリアのミラノを中心として歌われていた地域のカトリック聖歌ですが、グレゴリオ聖歌に駆逐されてしまいました。

私のミサ典礼書(LIBER USUALIS MISSAE ET OFFCII)にも数曲のアンブロシオ聖歌のネウマ譜の楽譜が記載されています。


ネウマ譜の大きな写真をご覧になりたい方は下記の私のホームページにお越し下さい。
研究者の独り言
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 08:34| 香川 ☁| Comment(0) | 研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。