楽天市場のお勧め品
今とても人気のポンチョ型レインコート 北欧のmarimekko(マリメッコ) 大人気マリメッコ★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート) ハイクオリティ☆シークレットヒール2.5cmのレインブーツ
利尻ヘアカラートリートメント★ご購入で誕生祭プレゼント有★毎日の白髪ケアがこれだけでOK! 【44%OFF 送料無料・無料ラッピング・弊社一年保証】TENDENCE (テンデンス) 【40%OFF】como!come!レッグウォーマーボアタイプスリム&脚長効果抜群★【定形外送料無料】

2013年01月15日

私事で・・隠れ虎党ですが、これをゲット!!

私事で・・
 隠れ虎党ですが、
  これをゲット!!


周りが優秀な博士ばかりに囲まれた状態で、虎ファンだと公言も出来ず、また人前で大きな顔で応援して居たら、
「自分の研究をちゃんとしなさい!」
と言われるので、自然に隠れ虎党になってしまいました。

研究所を辞めて永い時間が経って、やっと「隠れ」の文字を抹消出来そうです。

201301152-s.jpg
タイガースのユニフォーム


金本!どうして辞めた!?
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 16:24| 香川 ☀| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

道化師のソネットを聴いて・・・

道化師のソネットを聴いて・・・

iPhoneに機種変更したので、使わなくなった携帯に音楽データを入れて居ます。
パソコンに向かってデータ処理のコマンドを操作している時などに音楽を聴く為です。

今日はさだまさしの曲集を聴いていました。
元々、私は西洋音楽のクラッシク→バロック→ルネッサンス期以前の四線譜の楽譜「ネウマ譜」で書かれたグレゴリオ聖歌や、南米のインカ文明の民俗音楽・インドネシアのバリ島のガムラン音楽、他に各時代の世界中の音楽ばかり聴いて居た人間です。
それなのに、さだまさしの曲を聴くようになったのは、さだまさしファンの嫁ハンと一緒になってからでした。

特にさだまさしの曲を今日聴いていて思った事は、昔からの私の生活スタイル?です。

私は子供の頃にサーカスで観た「ピエロorクラウン」が大好きです。
クラウンとピエロの細かい違いは・・・メイクに涙マークが付くとピエロになるそうです。
涙のマークは馬鹿にされながら観客を笑わせて居ても、彼の心の奥底には悲しみを持つという意味を表現したものであると聞きました。
そして彼のように他の人達を笑わせる事に依って、その人達に少しでも幸せな一時を持って貰いたいと思うようになったのです。

ピエロの無言のパントマイム・・・小学校の同級生を笑わせようと一生懸命に演技するのですが・・・・「変人!」と云う眼で観られてしまいます。

児童・生徒・学生と変わっても、相変わらずにピエロを演じていました。
いつまで経っても・・・私の気持ちを判って呉れる人は居無い・・・。
本当にピエロのメイクをして涙マークを付けたくなるほどでした。

それが研究所で仕事をし始めて・・・勿論研究室や実験室では危険な事が多いので、ピエロにはなれません。
私の実験室では高電圧を扱う実験機器や、それに伴う劇物や毒物などを扱っていましたので、とてもピエロになれる環境ではありません。
私が誤って事故死するのだったら自業自得ですが、他の研究員に迷惑を掛ける事は絶対に許されません。
執務室に戻った時・・・そこが私の舞台です!
最初はこれまで通りに・・・女性研究者や上司の主席研究員から「変人!」と云う視線が突き刺さります。
でも・・・・次第に私の動作に合わせるように小さな笑い声が・・・。

研究員には・・・特に工学系(理系)の研究員には、精神的な癒しタイムが必要です。
そしていつの間にか、博士の一人が執務室の自分の席から立ち上がり、私と共にピエロになって呉れたのでした!
それから私が属する研究グループの執務室からは、笑いが絶えない明るい雰囲気になりました。

目出度し!目出度し!

蛇足になりますが・・・私はこれまで数多くの犬種のワンコ達を飼って接してきました。
どの犬種も犬らしい性格で、とても生真面目な面しか見せてくれません。
ジャッキーは私にとって最初のシ−ズー犬ですが、彼は天性の「ピエロ」ではないかと考えております。
研究で疲れた頭に、彼の三枚目の仕草や表情に癒されている毎日です。

さて、さだまさしの「道化師のソネット」の歌詞に
「笑ってよ君の為に・・笑ってよ僕の為に・・・。
 せめて笑顔が付くのなら・・・僕はピエロになれるよ・・・。」
宜しければこの歌をyoutubeでお聴き下さい。
【さだまさし】道化師のソネット

それから学生の頃に所属して居た元国営放送局合唱団の「某混声合唱団」で唄った、「月光とピエロ」・・・。
これは堀口大学先生作詞の合唱曲ですが、ピエロの気持ちを良く表していると思います。
これも宜しければyoutubeでお聴き下さい。
男声合唱組曲「月光とピエロ」
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 09:20| 香川 ☁| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

もうこの季節になったのですね!

もうこの季節になったのですね!

こんにちは、亀山 築城です。

今朝、いつもは観る事もない天気予報を、嫁ハンから「今日のお天気は?」と言われて観ていました。
地球観測衛星の「雲の動き」の場面で・・・・・。
毎年恒例の地球最大の物理現象「カルマン渦」が、お隣韓国の済州島の東南の海上で発生していました。

ご存じのように「カルマン渦」は至る所で観る事が出来る物理現象で、皆様も日常的に御覧になっていますね?
高圧送電線が強風に煽られて「ブーン」と鳴るのも、「カルマン渦」に依って電線が振られて発生する音です。
何よりも川の流れを観ている時に、橋脚の下流側に交互に現れる渦・・・それが「カルマン渦」です。

済州島で発生する「カルマン渦」は、島の北から北西の方向から吹き付ける風によって、漢拏山(標高1950m、韓国最高峰)から風下側に「カルマン渦」が発生します。
宇宙空間から見える物理現象ですので、是非毎日の天気予報の時に注意なさってご覧下さい。
運が良ければ見えると思います。

「カルマン渦」に関しては私のホームページで簡単にご説明致しております。宜しければ下記のリンクよりお読み下さい。

研究者の独り言
ラベル:カルマン渦
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 14:51| 香川 ☀| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

「梅ちゃん先生」って・・・

「梅ちゃん先生」って・・・


4月23〜28日放送の梅ちゃん先生「ヒポクラテスの乙女たち」で、ようやく女医になるドラマだったんだと気が付きました。

「医聖ヒポクラテス」は紀元前460年頃にギリシャのコス島で生まれた実在の人物で、それまでのギリシャの迷信や呪術的な医療を経験科学的な根拠に基づく医学に発展させた偉大な方です。

話がずれてしまいましたね?梅ちゃん先生は医学専門学校へ入学して、彼女は学士号(大学卒業の学位)を持たない医師になるわけです。
架空の城南女子医学専門学校は・・・きっと私学なので東京女子医学専門学校(現在の東京女子医科大学)か帝国女子医学専門学校(現在の東邦大学医学部)になるのかな?と思っています。
現在は医学士を持った人のみが医師国家試験を受験出来ますが、当時は医学専門学校を出た人にも国家試験の受験資格が認められていました。

そう言えば・・・私が尊敬する漫画家の手塚治虫医学博士も医学士の学位号を持っていません。先生は大阪帝国大学(現在の大阪大学)附属医学専門部を卒業なさって医者になりました。
奈良県立医科大学に電子顕微鏡が導入された際に、その顕微鏡写真を撮れる機器も技術も当時の日本にはなく、その画像をスケッチとして描くのが通常でした。
医学校時代の友人から、このスケッチを描くように頼まれて、手塚先生は県立奈良医科大学に赴く事になります。
先生は電子顕微鏡を自由に使え、その画像のスケッチが出来る当時の日本では唯一の医学研究者になりました。
先生の博士学位取得論文名は、「異形精子細胞における膜構造の電子顕微鏡的研究」(タニシの異形精子細胞の研究)で、実は電子顕微鏡を使った研究の成果を大学が高く評価して授与した博士号だと言われています。
先生の作品「ブラック・ジャック」には多くの医学的な絵が載せられていますが、東大医学部生から「でたらめな絵を描くのはやめたら?」と言われていたそうです。
しかし、本来の先生の専門は外科で博士論文の対象は基礎生物学なので・・・どちらが正しいのか疑問に感じています。

学生の頃に新幹線に乗っていると、多くの人から「手塚先生?」って言われた事が嬉しく懐かしく思い出します。
当時はダブルの背広に、バスク・ベレー帽を被っていましたので、ちょっと見には憧れの手塚先生に似ていた風貌だったのかも知れません。
手塚先生の影響からか?宝塚歌劇のファンになってしまい、最近でこそ観劇しませんが、「リボンの騎士」を思わせるあの雰囲気が好きになっています。
それから、以前住んでいた家の隣の歯医者のお爺ちゃん先生・・・・彼は医学専門学校ではなくて歯学専門学校を出た歯医者さんだったことも思い出し、丁寧な治療だったと懐かしく思い出しました。

「梅ちゃん先生」から話がずれましたが、医学専門学校の話題から昔の懐かしい思い出や手塚先生の事を思い出しました。

posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 11:48| 香川 | Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

誕生日(生まれた日)が4月20日の人々

誕生日(生まれた日)が4月20日の人々

1808年4月20日  ナポレオン3世 (Napoleon III) 【政治家】 〔フランス〕

1889年4月20日  アドルフ=ヒトラー (Adolf Hitler) 【政治家】 〔ドイツ〕

1893年4月20日  ジョアン=ミロ (Joan Miro) 【画家】 〔スペイン〕

1937年4月20日  ジョージ=タケイ (George Hosato Takei) 【俳優】 〔アメリカ〕

ジョージ=タケイは日系アメリカ人で、テレビドラマ「宇宙大作戦」のエンタープライズ号の航海士の「加藤」役になっていたことで有名な俳優です。
勿論、映画のスタートレックでも、同じ配役で出演していました。

上記の人々を考察してみると・・・・ヒトラーやナポレオン3世・・・あまり良い人が生まれた日で無いような感じがしています。
でも、私もこの日に生まれた一人です。
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 15:39| 香川 🌁| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

NHKドラマ「梅ちゃん先生」を観て思い出した事

NHKドラマ「梅ちゃん先生」を観て思い出した事

お昼ご飯を食べて、暫くNHKニュースを観て、そのまま「ひるブラ」、「梅ちゃん先生」と続き、私は無意識に画面を観ていました。

ふと、子供の頃を彷彿とさせるシーンに目が釘付けに・・・・。

それは、進駐軍がジープに乗って東京へ乗り込み、街角でジープを停めて周りを見回して居たシーンです。
懐かしい米軍の制服・・・・。

その後に続くシーンが、私の子供の頃の思い出を掘り起こしたのでした。

太平洋戦争が終わって8年後に生まれた私・・・。
幼少期の頃ですから、もう進駐軍は居ません。
しかし、アメリカ人のミッショナリーから教育を受けていた私には良くあるシーンと同じ光景がテレビの画面に映し出されていました。

それは、軍服のポケットから取り出したチョコレートを日本の子供達に分けてあげている光景です。

私の頃に来ていたアメリカ軍人は岩国の海兵隊だったと思います。
テレビと同じように、小さなジープに二人で乗って私の所まで来ると、私に英語で話し掛けます。
この時に正確な返答が出来ないと、私はチョコレートに有り付けませんでした。
そのためにミッショナリーから英語の猛特訓が繰り返されていました。
当時の日本で手に入る板チョコはそれは薄い板チョコでしたが、米兵が呉れる板チョコは板ではなくて固まりのように分厚く、テレビのように噛み付いて割れるほどの薄さでは有りませんでした。
そのチョコレートを幾つも貰い、家に帰って近所の子達に見せると、それはもう取り合いになってしまうほど美味しいチョコレートでした。
その時の思い出と、テレビで子供達が米兵からチョコレートを奪うように貰っている光景が重なって来ました。

アメリカ人の軍人達が満足する英会話を私が出来ると、彼らはコンバット・スーツ(戦闘服)の色んな所に有るポケットからチョコレートを山ほど取り出すと私に呉れていました。

戦争が終わって12年後の当時の私には戦争に負けた実感は判りません。
ただ優しい米兵が時々訪ねて呉れる(+チョコレートなどのお菓子)と云う思い出しか有りません。

前回の「カーネーション」と今回連載の「梅ちゃん先生」・・・その両方で太平洋戦争のシーンが描かれていますが、私でも戦争体験が無いので・・・戦争については風化していたのだと実感しています。

ふと思い出した事を書き連ねてみました。
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 15:51| 香川 ☀| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

カーニバルが終わりましたね?

カーニバルが終わりましたね?

南米のリオのカーニバル(謝肉祭)に代表されるお祭り騒ぎはどうして始まったのでしょうか?

カトリック教会では今年の場合、2月22日(水)の「灰の水曜日」から「四旬節」に入ります。

復活祭(イースター、復活の主日)は、キリストの復活を記念する、キリスト教の最も重要な祭日です。

復活祭前の準備期間を四旬節と呼んで居て、この四旬節がカトリック教会の信者になりたいと希望する方々の準備期間になります。
聖週間の聖土曜日の典礼で、彼ら洗礼志願者が洗礼を受けて信者になります。

日本の大昔の隠れキリシタンは「悲しみ節」と呼んでいましたが、カトリック信者は四旬節の間は「大斉・小斉」の信仰行為を守る事が求められています。

大斎;
1日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、18歳をすぎて満60歳に達するまでのすべての成人が守る事になっています。
小斎;
肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守る事になっています。
昔から金曜日には小斉を守る為に肉食を避け、魚などのフライなどを食べていました。そこから金曜日を「フライデー」と呼ぶようになったとまことしやかに云われていますね?

昨日(22日)はその「灰の水曜日」で「大斉・小斉」を守るべき日になっていて、カトリック教徒は満足な食事が一回だけ、後の二回は断食かほんの少しだけの食事で、空腹を我慢した一日になりました。
カーニバルはその「灰の水曜日」直前に行われ、昔から46日間もご馳走が食べられないので、その直前にご馳走を食べて踊り狂う習慣がカトリック教会の信仰とは別に始まった訳です。

本来でしたら、ここでネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌をご案内する筈ですが、今回は準備する時間が無くて申し訳在りませんが、時間が出来た時にアップ致したいと思っています。

宜しければ下記のリンクより、グレゴリオ聖歌をお聴き下さい。
ページの上の方は私の研究について少し書いていますが、その下にはネウマ譜やラテン語、グレゴリオ聖歌などのカトリック典礼について記載致しています。

研究者の独り言
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 13:12| 香川 ☔| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

民俗音楽(フォルクローレ)へのお誘いを更新致しております。

s-sicu.jpg
今日はもっと土臭く・・・・。

前回、お約束しましたシークの曲をご案内致します。
写真は私のシーク(左下)とロンダロール(右上)です。
どちらも世界中では「パンパイプ」もしくは「パンフルート」と呼ばれている楽器です。

さて、インカ帝国は中心部族がケチュア族ですが、インカ皇帝はアイマラ族から出ています。貴族などはケチュア族なので、皇帝と言えども絶対権力を持っていたようには見えません。また歴代の皇帝が亡くなっても、そのミイラが宮城にそのまま居座り、お付きの家臣達が、そのミイラを持ち出しては、自分勝手に行事を行っていた記録も在ります。

シーク(Sicu)はアイマラ語で、ケチュア語では「アンタラ」、スペイン語で「サンポーニャ」と色々な呼び名を持って居ます。
もう一つのロンダロールは、エクアドルのサンポーニャです。インカ帝国の中では僻地になりますので、この様な形のサンポーニャに変化した物と考えられます。

空気の薄いボリビアで、吹く為に多くの息を消費するシークを、何千年にも及んで使われて来た事に、驚きと敬意を表したいと思います。

El Condor Pasa on zampoñas
http://www.youtube.com/watch?v=6kIZQAeHRNY

会場がいやに賑やかですが、シークの集団演奏です。


El Cóndor Pasa - Charango y Zampoña -Perú
http://www.youtube.com/watch?v=ffo_baDnIbA

チャランゴとシークの一人演奏です。


JHON KENYI - Un paseo por los tubos de un siku
http://www.youtube.com/watch?v=9fYo3V_x_kA

シークの独奏です。


さて、この続きは申し訳ありませんが、下記の私のホームページで説明させて戴いております。
どうぞお越し下さい。
民俗音楽へのお誘い 
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 13:28| 香川 ☔| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

こんな事を書くと・・・・7

こんな事を書くと・・・・7
  
二回に分けて聴いて戴いた女子十二楽坊の曲は如何だったでしょう?
さて、今回は中国の民俗楽器を用いて、他の国の音楽を演奏しています。
異質な感じに聞こえますか?それともとてもマッチした感じに聞こえるのでしょうか?

続きを読まれるのでしたら、この文章をクリックして下さい
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 13:17| 香川 ☔| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

こんな事を書くと・・・・5

こんな事を書くと・・・・5
  
どうして小学校や中学の時代の私が前回の記事で紹介させて戴いた「北風吹」を知って聴いていたかは、小学校一年の時に電気屋さんでゲルマニウムの原石を貰った事が始まりです。

続きを読む
posted by 亀山築城(かめやまちくせい) at 14:34| 香川 ☁| Comment(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。